2007年10月19日

あなたに会いたくて

冷たく広がる地に、たっぷりと注ぎ込まれたolive oil。豊かな香り広がるこの海から全てが始まるのだ。

さあおいで、大丈夫だよ熱くないから。ほらさわってごらん、まだ冷たいだろう? これからゆっくりゆっくり君を温めていくんだ。決して焦がしはしないから、君の香り全てを引き出すために。さあおいで、garlic! この豊かな海に全て溶け込ませよう!!

そろそろだよ、君の出番だ。君がいなければ何も始まらない。決して乱暴には扱わない。やさしくやさしく火を通してあげる。 しかし君はすごいな、時にはピリリと辛味を効かせる時だってあるのに、ゆっくりと時間をかけるだけであんなに素晴らしい甘みを出すことができるなんて。 すっごく小さくなっちゃうけど、そこから感じられるものは百倍いや千倍、小宇宙と言ってもおかしくないよ。君には時間も手間もかかるけど、それでも君が大事なんだ! さあ行こう、onion!!

さて準備は整った。本命の君だ。今までのそしてこれからのみんな全ては君のためにあるんだ。実は僕、生の君にはそれほど魅力を感じないんだ。でも一旦火が通った君に会うとあぁ……大好きなんだ! なんでこんなにも変わっちゃうんだろうね。別人の様な君に最初は戸惑っちゃったけど、今ではもう君のとりこさ。日本人と違って面長なとこも可愛いよ。 あぁごめんごめん、早くしないとね。じゃあ行こうか、皆待ってるよ! tomato!!

あれ?どこに行った? ああ居た。あららどうしたんだい、そんなに固くなっちゃって。大丈夫だよすぐほぐれるから。まあでもそうだよね、いつも使うわけじゃないから時々だと緊張するもんね。うん、四角いままでいいからおいで! bouillon(ブイヨン)!!

さあ君が最後だ。この豊饒の海にその鮮烈な香りを与えておくれ。本来の君とは違って小さくなって乾いてはいるけど、それでもtomatoとはベストパートナーだよね。 こんな時にしか使ってあげられないけど、君がいないとなんかこう物足らないんだ。時々しか会わないけれど、君のこと大切なんだ! oregano!!

…さあ、できた。 あなたに会う為に、今日の僕はいたんだ。朝から何も手につかなくて、気付いたらあなたのことばかり考えてた。あなたとどう過ごそうか、今日のあなたはどんな味なんだろう…ああもう我慢できない! いいかい? とりあえず少しだけあなたを感じさせておくれ!
いただきます! tomato sauce!!


略してトマソー 昔巨人にトマソンて投手がいましたな。






あ、君を忘れてた。・・・・・・salt・・・。



 
 

続きを読む
posted by やす at 21:40| 熊本 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 美味かもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。