2007年11月06日

看板に思う。

かんばん 【看板】<

(1)商店などが、店名・業種・商品名などを通行人の目につきやすいように掲げたもの。

(2)劇場または興行場などで、俳優名や演目を書いて表に掲げるもの。

(3)人の注意をひいて、客寄せや自慢の種となる人や事柄。

(4)表向きの名目。外観。見せかけ。

(5)〔閉店時に看板をおろすことから〕飲食店・酒場などがその日の営業を終わること。閉店。

(6)店の名称の権利、あるいは営業権。

(7)武家の中間(ちゆうげん)などが仕着せとして着た法被(はつぴ)のような衣服。背中に主家の紋所などが染めてある。


〜大辞林 第二版 (三省堂)〜


ひょえ〜、こんなに意味があるのかと思ったが確かに確かに。
で、なんで看板かと言うと、
帰宅途中、渋滞にはまると外なんかボーっと見てる。
で、看板をジーっと見る・・・




ドドドドドドーッ
ド、ド物置てっ???!?!
超ド級とかド近眼とかの“ド”?
「とてつもない物置」ということなのかっっ!


なばばなばんごつはいよ
ナ、ナバ物置なっ?!?!??
“なば”てな椎茸だろたい? っちゅうこつは「椎茸物置」なっ?!?
いやいや熊本では若もんが“なばんごつ”て使うばい。かなりとか凄く、たくさんて意味だもんな。
「かなりな物置」「凄い物置」「たくさんの物置」だろかっ?!?





・・・・・・・・・まっ、ようするに暇である、と。
 
posted by やす at 01:01| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。