2006年05月16日

風呂入ってメシ食って寝る。

今は昔なGWのある日、車に乗って一泊の旅へ出た。

【風呂入ってメシ食って寝る】

これだけ決めて。
 
 

 
CA281362.jpg

いやぁ〜しかし良い天気だ。もうこれだけで満足だったりして。
昼食は、あまりにも天気がいいのでスーパーで買った惣菜で小国のとある公園。

CA281376.jpg
太陽と木陰がいい具合に混じりあい、いやはやいい気持ち。すでに満足(2回目)
あやうく昼寝してしまいそうなのを我慢し、「道の駅 小国ゆうステーション」へ足を向けると、おや?

CA281380.jpg
「Green Peace Cafe」
土・日のみの移動販売で“ラップバーガー”なるものを売っている。
ラ、ラップ?!? ど、どぎゃんと? もしかして歌いながら作ったり食べたりするとか??! 韻を踏んだりするのか???
むむむ〜気になる〜、むむむ〜美味そう〜。

CA281383.jpg CA281385.jpg
ということで買う。これは小国特産の黒豚を使用したバーガー。肉がジューシーで旨みたっぷり、こりゃ美味い!



さてどうしようかねぇなんて話していたら、ハッと思い出した。
近くに「鍋ヶ滝」があるではないか! この滝は松嶋奈々子が出演していた“生茶”CMのロケ地として有名な場所なのだ。以前からずっと行きたいと思っていた。
道の駅から程なくの駐車場に車を止め、少しの山道を下ると・・・


P5041463.JPG

おお〜すげ〜〜〜!
落差のある滝も迫力があっていいが、ナイアガラ的な横広い滝もステキだなあ。
そして、この滝の醍醐味はなんといっても滝の裏側に入れること!

P5041385.JPG※クリックでちょい拡大

おお〜!

P5041390.JPG

おおおお〜!! 凄い! こんなに奥まっているなんて!

P5041455.JPG

ほほっ、これぞ“裏見の滝”と言われる所以、素晴らしい!


P5041422.JPG



P5041440.JPG


大迫力の滝にマイナスイオン、太陽に光る新緑の木々。みんなの顔はTV顔負けの爽やか笑顔。そりゃあそうだ。

滝へ向かう道には春らしく色んな花が咲いている。
P5041486.JPG
白の藤。この頃の阿蘇の山々には山藤が咲き乱れていた。

P5041477.JPG
マムシグサ(蝮草)というのだそうだ。茎の模様や写真のように鎌首をもたげたような様が由来らしい。

滝からの帰り道、気になっていた場所に寄る。坂本善三美術館隣にある神社にかなりでかそうな杉があったのだ。


P5041508.jpg
P5041507.jpg

ひょええええええ〜! すごい迫力! 気の根元から上を見上げると思わず口アングリ。どこまでもどこまでも伸びている。
雄大な杉の木を見ていたら、屋久島に行ったことを思い出した。樹齢何千年とも言われる数々の屋久杉、そして縄文杉を見たときは口に出せる言葉は無く、その神秘の前にただ佇むしかなかった。


さてそろそろ風呂だ。今回行ったのは小国町西里の岳の湯温泉「豊礼の湯」
ここは展望が素晴らしい。窓の目前の深い谷の向こうには雄大な涌蓋山が拡がる。思わず仁王立ちになって腰に手を置く。フンどうせ向こう側からは見えぬ。
そして風呂から上がるともう一つ楽しみがあるのだ。
CA281396.jpg
温泉の蒸気を使った蒸し器。ここに卵を5分ほど置いておくと・・・

CA281394.jpg
ジャジャーン! 温泉玉子の出来上がり〜!
5〜6分ですよと言われたところを4分30秒で上げたらかなりの半熟・・・。剥くのにてこずったがその分ホワホワで美味〜い!
食材の持ち込みも可能だそうで、周りを見るとジャガイモやらブロッコリーやらが見えた。ムムム美味そう・・・次は必ず!


風呂上りののんびりを終える頃には日も沈み始めた。さてさて今夜の寝場所に移動しますか。
つづく(長っ!)

posted by やす at 22:55| 熊本 ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | 旅をしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい滝&杉の木!!!
滝の中に入れるなんて!!!魔法使いになれそうな神秘さですね。

温泉ブロッコリー&温泉ジャガイモ・・・気になりますね☆☆☆普通に茹でたのより、味がやわらかくなりそう・・・。

それと、Blog Listの件、ありがとうございます。
Posted by しろしろ at 2006年05月17日 06:14
ふわあぁ・・・ド迫力ですなぁ。。

滝と杉。その昔から当然のようにあるものでしょうが
それだけに人間のちっぽけさみたいなのが引き立ちますな。

にしてもアウトドア派『やすさん』のいい記事ですなぁ(感心)
Posted by じぇいすむ at 2006年05月17日 08:46
わあ♪
豊礼の湯を除けば、私と彼氏の
夏の高齢・・いや恒例行事のルートと全く同じです!
なんか嬉しくなっちゃいました。
この神社の階段に座ってると、ほどよく木陰でまったりできるんです。
鍋ヶ滝は、たどりつく(というほどのものではないけど)までがプチ山道なので、
雰囲気がありますよね。
今年もいこう〜っと!
Posted by eri at 2006年05月17日 12:18
>しろしろさま
滝も杉も見事だったですよ。
是非行ってみてください〜。

>じぇいすむさま
滝も杉も、上を見上げてアングリとしかできませんでした。
ほんとに、人間てちっぽけなものだなあと感じます。力をもらえます。

まぁ、エセへたれアウトドア派です・・・。

>eriさま
ありゃそうなんですか! こりゃまた偶然。私は初めて行ったのですが、また行くこと確実です。
鉾納社隣の坂本善三美術館にも行ってみたいですね。
Posted by やす at 2006年05月17日 23:56
すごか!感動!
ただただ溜息!
いっぺんでよかけんこがん記事ば作成してみたか!
うちんと、1つの記事に写真一枚しか載せられんとがいかん・・
Posted by ミエモカ at 2006年05月18日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

GWの後にネット上でチェックすること
Excerpt:  いつも応援ありがとうございます!ブログランキングに参加しています。  下記をクリックいただけると、1票仕組みです。ご協力いただけるとうれしいです。 人気ブログランキング 鬼ブログランキ..
Weblog: 温泉旅館の経営者が教える旅館選び
Tracked: 2006-05-17 11:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。