2008年05月16日

「川辺川ダム有識者会議」始まる。

ちなみに私は「ダムはいらん」な人。

どーもかばちゃんは推進派のように思います。

こんなきれいな川をつぶしちゃいけない

15日夜、川辺川ダム建設の是非を検証する県の第三者機関「有識者会議」が東京で開催された。

まず“東京”でというのにツッコミ。なぜに地元で開かぬ。
委員には賛成・反対に全く関係の無い中立の立場な人が選ばれた。すなわち川辺川ダム問題に関して何も知らない方たち。
ちなみに委員は、(河川工学)(公共経済学)(気象学)(地域環境工学)(森林生態学)(森林水文学)(行政学)(保全生態学)のスペシャリスト。この人選にもちょいと不安を感じるなあ。偏ってないかなあ。
新聞に会議の様子が載っていたが、『将来を見据えた環境への影響など幅広い検証を求める声が出た一方で「限られた時間で議論を広げすぎると結論は出ない」との意見も・・・』
おっとっと。なんじゃそら。今まで四十数年争ってきた問題ですぞ。大体あと4ヶ月半で何も知らなかった人たちの会議で一つの結論を出そうというのがそもそもおかしい。月に1〜2回というから、多くてあと7〜8回ではないか。そんな回数で正しい判断が出来るのか。どうせ時間は無いのだから、数値的な資料は今まで国が作ってきたものを流用するのだろう? 環境には全然影響はありませんよ〜、ダム作らないといけませんよ〜的な資料を。なんだか先が見えているではないか。
あと7〜8回の会議で決めてね、にそれは難しいとある委員の苦笑い。フッ・・・

同新聞には会議の写真が載っていた。笑顔。・・・せめてもっと真剣な顔の写真を使って欲しかった。地元で賛成反対の直接的立場にいる人が見たら呆れるんじゃなかろうか。

幾度の計画変更、農業利水・発電事業の離脱。流れは確実に要らない方向に向かっているのに。ダムが出来れば、水質汚濁は避けられなく、観光資源である鮎はいなくなり、球磨川は最大支流の川辺川の水が来なくなれば、これまた観光資源の球磨川くだりは無くなるだろうなあ。 川辺川・球磨川は川からの災害も受けるが、恩恵も受けている。 地元住民ではないので勝手なことばかりだが、客観的意見でもある。
こんなに長く争ってきたのは、元々必要ないからでしょう? 本当に必要だったら、さっさと決まるではないか。 もういい加減あきらめてくださいokuniさま。

地元の皆様、外モノの何も知らぬゆえの発言です。しかし、川辺川・球磨川に少しかかわるものでもあります。失礼をお許しください。
posted by やす at 23:24| 熊本 ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
川辺川問題に対して立場を明確にしていなかった候補者が知事になったということですよね。こうなることはある程度、想定されていたことでしたが、造る、造らない、どちらにせよ決定後に県民に問う義務があります。そして決定後に知事としての力量が問われるのでしょうね。

とにかく今の知事、川辺に関しては選挙選ではズルしてますから。
Posted by おおむら at 2008年05月17日 00:20
候補者の中で唯一賛成でも反対でもないと主張した方でしたが、なんかどうもですね〜。 ふむむむむ・・・
Posted by やす at 2008年05月18日 12:11
うーむ。多分有権者の多数は結論をだして
いるでしょうけど、利権が絡む人達はどちらの立場にしろ抵抗するんでしょうね。
知事は何年先を視野に入れて判断するんでしょうかねぇ・・・。
Posted by てるすけ at 2008年05月18日 12:19
亀レスでありますが、ダムは環境負荷が大きい。堰きを造ると維持費が高い。ざっくり過ぎですが。

農家の方々は、灌漑用水確保は死活問題でしょうし、ダムを造る環境負荷と堰を造る場合の維持費との兼ね合いを如何に裁量するか?って話ですよね?

大手のゼネコンが落札して地元企業は孫請けひ孫請け状態なので経済効果は有るのかなぁ?であります。
そこまで、ひっくるめた議論は難しいのでしょうか?

九州新幹線も開通する事ですし観光を売りにするなら、ダムは要らないんじゃ?って気がします。
Posted by くるま屋 at 2008年05月21日 22:38
何かある度にコロコロと用途を変えてきたこの問題。今は治水だけとなってしまいました。 何かを作ることによる地元への経済効果は少ないでしょうね。 一時期はダム湖を使った観光を・・・なんて論もありましたが、汚くなった水の元に誰が来るのかって感じで。今のままの清流を残して観光に役立てたほうがよっぽどいいかと思いながら。
Posted by やす at 2008年05月23日 10:41
100%環境に影響なしとはいえません。でも、人にも動物にも自然にも、破壊する分のフォローはしています、というのが、現場で事業に携わる人の言い分です。
営巣地や生態系を、人工的に模倣して提供するそうです。

*□●£■▲▽∋※†¶πωふがふがひがへが…………………はい、あとは責任もって自分のテリトリーで意見を述べまする。
お邪魔!


Posted by 姐 at 2008年06月03日 01:04
人工的な営巣地生態系ってのの一部を見たことあります。なんだこれはと、適当すぎだろ、と思いました。もうわけわからんです。
Posted by やす at 2008年06月03日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96958854

この記事へのトラックバック

【行政学】についてブログでの検索結果から見ると…
Excerpt: 行政学 をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…
Weblog: おまとめブログサーチ
Tracked: 2008-05-24 14:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。